by chicchi88
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今頃になって・・・

初日の横須賀から半月以上もたった今頃になって、ようやくツアーパンフを開いている私って・・・^^;
あのう・・・息が詰まるほどステキじゃないっすかー!!!
真昼間から一人で興奮状態なんですけど(爆)

先日のPATIもめまいがするほどだったけど、パンフの君にはやられてしまいました~。
特に後ろから5ページ目の「アレ」!
実はさっき久々に「アンテ」を見ていたんですよ。
あの映像の後にこれだもんな~。
ふ~っ、クラクラクラ~Y

何で今まで開かなかったんだろう。
これであさってからの帰省が終わるまで DVDを持って行かなくても寂しくないくらい、しっかりメロメロになってしまいましたー♪
そして帰ってきた翌日は、大宮で再会です!

ふふっ、もいっかい見ちゃおーっと。
(昼間から危ないぞー!爆)






遅まきながらPATIの感想です。
読むたびに思うけど、本当に素直なひとだなーって思った。
それと同時に、胸がキュンとする言葉も・・・。

何のために音楽をやっているのだろうってかんがえることがあるんですよ。
世の中に必要とされているアーティストはいっぱいいる。その中で俺がやる意味はなんなんだろうって考えたりする。


34年も生きてきて、今さら違う自分、新しい自分になるのは恥ずかしかったり、出来なかったりするんですよ。"ふじきなおひとってこうだよね"ってところにいるのが楽なのかもしれないし。その中で僕は葛藤している。

ドアの向こうに何かが待ってるっていうんじゃなくて、自分たちを解き放つ、開放するっていうことですね。

迷い、わけのわからない虚しさ、不安の中、もがきながらも ちゃんと前を見ている。彼らしい言葉だった。
ありきたりな私の日常でさえときにはいろいろあったりして、時にはこんな自分でいいのかな?・・・と思うことも。迷った時、自信のないとき、ちょっと落ち込んでしまったとき、いつもふっと彼のことを思い出すのは こういう彼の姿勢だったり、音楽だったりする。 いままで いっぱい助けられてるな・・・
こんなふうに あなたを必要としてる人がどれだけたくさんいることか・・・このこともストレートに彼に届くといいな。


そして誌面を読んで ひとつひとつの場面が鮮明に蘇ってきたのは、「7.0」の初日レポ!

☆思わず体が動いちゃう曲・・・あれも!これも~♪
★ふじきは新たに果敢な一面を見せた・・・あのダンスのことよね♡
☆客席は待ち望んでいた瞬間の到来への喜び・・・あの興奮がフラッシュバックで蘇りましたー!
★感動めいたため息と歓声で何度も何度も沸いた・・・何度も何度も、何度もね!!

そしてステージのふじきと一体化するように客席も汗をかいて楽しんだ。

この数行だけであの日にタイムスリップしてしまいました!やっぱりプロのライターさんは違いますね。
完璧に「あの時」を文字で再現してしまっているのですから!
それにしても一体化だなんて・・・嬉しいY(完全に取り違えてるし・爆)

「7.0」にしてツアー初参加の私にとって 直人さんの口から聞く7年間の回想録も、とても新鮮でした。
まだまだ続くツアー。これから数々のステージを経て、最終日の武道館を終えた後、また彼からどんな言葉が聞けるのか? これは秋の楽しみですね~♪
あっPATIさん、その時はまた表紙&ポスター付じゃダメ?(爆)
[PR]
by chicchi88 | 2006-08-16 14:22 | naohito