by chicchi88
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ウミザル 10

冒頭の前回の回想シーンでもう うるうる来てしまった。(ToT)
前回見れなかった池澤の最期も、無事看取ることが出来ました。
でも悲しみの中しっかりと、お葬式の写真の池澤に見とれてしまった私。^^;

隊長の下川は、別れた妻に再婚を理由に娘唯との面会を最後にしてほしいと告げられる。
最期のデートは動物園。楽しくも切ない時間が流れ、別れの場所で母親は唯にもうこれが最後だと告げる。唯は勿論拒むが母の里江子は無理やり連れて帰ってしまう。
動物園で「こん度はサーカスに連れて行って!バレエの発表会にも来てね。」との娘の言葉に、ただ黙って微笑んだ下川の表情に胸が痛くなった。




一方、外泊許可をもらった大輔は環菜の部屋にいた。
環菜のシャワー中、ここでもやるのね腕立て伏せ。(笑)
そこにタイミング悪く環菜の母親が訪れる。タオル1枚で出た大輔はあわてていて腰のタオルを落としてしまい「すみませんお母さん。全て息子の責任です!」・・・って、あまりにもリアルすぎる台詞!(爆)
そりゃあ、いきなり見知らぬ男と娘のタオル姿ツーショットで見たら、お母さん激怒するの当たり前。大輔君、運が悪かったわね。「27にもなって何緊張してんだよ。」と張り切って(?)腕立て伏せしてたのにね。

しかしその後シリアスな展開に・・・。
大輔が海上保安勤務だと知った母親は環菜との交際を反対する。環菜の父は、仕事中海で船が転覆し亡くなったという。気にするなと言う環菜に対し、お母さんを無視できないと大輔。

環「別に結婚するわけじゃないのに・・・。」
大「俺はそのつもりだよ。」

そうさりげなく言った大輔の言葉に驚く環菜。
キャー、大輔かっこいー!決めるとこはビシッと決めてくれるじゃないですか!
厳しい訓練、試練や苦難を一つずつ乗り越えて、たくましくなりましたね大輔君。

しかし環菜の母は「貴方は絶対海で死なないといいきれるの?」と大輔を問い詰める。
「もし彼に何かあったらどうするの。」といわれた環菜は「そんな心配は今までさんざんしてきたわよ。そういう彼を私は選んだの。」とハッキリ答える。
環菜の顔にもう迷いはなかった。凛とした彼女の表情は大輔への強い愛が感じられた。

そこで今までの緊迫した救助シーンや不審船で亡くなった池澤のシーンが流れる。
あーもー涙が止まらない。たまたま愛した人が潜水士だったんだよね。
環菜だって悩み苦しんで、大きな不安を乗り越え大輔を支える決意をしたんだもんね。

そんな中またもや緊急出動命令。
転覆事故で遭難した数名の中には、下川の娘 唯も含まれていた。
遭難したボートを発見。だがまだ唯の姿は確認できず、来週へ続く。

つくづく愛を感じるドラマだわ。
伊藤(英)君またひとつ株を上げた感じ!ピッタリの役だったてこともあるけど、シリアスな場面なんか演技に一気に引き込まれてしまうほどの好演ぶりです。
加藤あいちゃんもこれを見て印象が変わりました。ずいぶん雰囲気が大人になって、淡々とした口調の中にもちゃんと表情が読み取れていて良かったです♪

来週の最終回予告、大輔の「もう辞めます」の言葉が気がかり!
ながれの廃船式にまた涙しそう。
[PR]
by chicchi88 | 2005-09-07 13:38 | にっき。