by chicchi88
カレンダー

2006年 02月 24日 ( 2 )

小早川伸木の恋  7

今回派手なドタバタも無くなって、やっと見やすくなってきた感じですね。
竹林先生の恋に刺激されて、もう一度妙子とやり直そうとする伸木。
妙子の好きな「○○記念日作戦」をリストまで作って必死に実行している姿を見て、初めてけなげに思いました。

どうしてもカナとの疑惑を断ち切れない妙子の追求にも嘘を突き通す覚悟で、家族の絆を取り戻そうとしたんですよね。でも こんな一生懸命にやっても、伸木の「嘘」を妙子は許せなかった。

「伸木私の気持ち全然わかってくれないんだね。記念日だってそうだよ。うわべだけで祝ってもらっても全然嬉しくないよ。こっちだって後ろめたいことがあるから、わざと喜んでる振りしてたのに。
どうせうざい女としか見てないんだよ。
だから嫌気がさして、カナさんの元へ走ったんでしょ
。」

うざ~い!!この最後の二行は、まさに伸木の本音でしょう。
ここまで尽くして「わざと喜ぶ振りしてた」なんて言われちゃ、伸木じゃなくったってブチ切れますよね~。「私だって変わろうとしてるんだよ」と妙子なりに頑張ろうとしたのはわかるけど、もうお互い頑張ってどうなる段階じゃないし。
伸木は伸木で「一回だけだ」って、訳わかんないこといってるし。
魔がさしての「一回」じゃないことは見え見えだし・・・(汗)

最初に嘘をついたのは伸木。自分の気持ちにも、カナとの関係の事も。
それに対して自分の気持ちに正直すぎた妙子。
掛け違えたボタンはもう元には戻らなそうな予感がします。

今回急に純なキャラになっちゃって、とっても可愛いかったのが竹林先生。 5股も清算して純愛一筋に。妙子と金井君を見てしまったときの「あちゃ~!」って感じの表情が、ツボでした(笑)

大事なのは自分の気持ち」との竹林先生の言葉どおり、伸木も恭介も新たに一歩踏み出しましたね。 そしてカナに想いを伝え結婚宣言をした恭介。
でも密かに共鳴してるのは誰かさんとだったりして・・・と、妄想にふけってしまうのでした(笑)

Kyosuke
[PR]
by chicchi88 | 2006-02-24 19:11
e0013734_1272658.jpg
e0013734_11182353.jpg

荒川静香さん金メダルおめでとう!


いやー、素晴らしかったー!!
いまだ興奮が冷めやりません。日本人初の金メダルだそうです!
曲も良かった。イタリアオペラ、プッチーニの「トゥーランドット」。
もう何度リピートしたことでしょう!

荒川さんのなめらかで安定した演技に始終拍手が湧き上がり、最後のスピンは歓声に包まれ、女子初のスタンディングオベーションで割れるような称賛の拍手でした。
立ち並んだカメラマン達の中に、レンズに目を向けるのも忘れて その素晴らしい演技に首を振って感激していた人がいて、そのくらい荒川さんの演技は素敵でした。

村主さんも4位に終わったものの、繊細な演技に魅了させられました。
安藤美姫ちゃんもジャンプは失敗だったけど、よく頑張った!!

長い月日を練習に費やし、この日に成果が出せなかった選手も大勢いるでしょう。
このオリンピックの大舞台での緊張は、並々ならぬのだと思います。
その辛さ悔しさをバネに、次のステップにつなげていってくれればと思います。

とにもかくにも日本初のメダルが金!
荒川さん、おめでとう!感動しました!!
[PR]
by chicchi88 | 2006-02-24 12:00 | にっき。