by chicchi88
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

多田先生

なんだかんだいって、いまだに余韻から抜け出せずにいます。
“されどテレビ”派です(笑)

多田さんについては「場の雰囲気が読めない=天然」とか「つくづく いい人」とか「かわいそうな人」とか、いろんな声を耳にしますが、こうやって思い返すと、やっぱり彼は全部わかっていたんじゃないかなぁ・・・と。

続き(ダラダラと~)
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-29 02:30

やっとご対面♡

「ホタルノヒカリ」のスポットがもう流れているとの事でしたが、今朝やっとGETできました♪
一目見て「カッコいい!!」
つか、あの髪型!誰かに似てる・・・。
なんか須賀さんっぽい!

いいな~足元でゴロゴロしたい!
縁側で煎餅かじりながら、「いいかげん片付けろ!」と叱られたい!
直人になら~(笑)

やさしい多田センセさんは思い出の扉にしまって、高野部長にまっしぐらです~♪




e0013734_13273855.jpg


[PR]
by chicchi88 | 2007-06-27 13:30 | ホタルノヒカリ
ひゃ~。腰が抜けた~~~。。。
願いに反してK&Rハッピーエンドだろうなとは思ってたけど、最後多田さんはほったらかし状態で終わってしまうなんて・・・(TOT)







※↓ここからは多田派の嘆き=怒りです。

※おまけクランクアップ追加しました♪

続きを読む
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-25 23:54

ライアーゲーム終了。

ギャルサー以来の土曜の夜のお楽しみで、毎回ハマって観ていたライアーゲーム。
最終回SP、3時間は長かったー(汗)
やっぱり最初の2時間はほとんど総集編でしたね~。
しかしその中で次々と明らかになる真実・・・

続きを読む
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-24 02:16 | にっき。

いくぜぃ!LIVE!!

直友さんより速報が来て、さっそくFBIへ直行!
待ちにまった秋の情報がUPされていました♪

最初と最後は同じなんですね~♪
やっぱりシメは直友さん集結ということで(笑)

まずはいつものように日程とスケジュールを照らし合わせて、お財布さんとも相談して、路線図とにらめっこだわ!
追加公演も今からしっかり期待してますから~♪♪

夏はドラマ、秋~冬はLIVEと、今年の予定がしっかり決まってひと安心です。
その前に3日後の「結末」をしっかり見届けなきゃねー!!
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-22 22:47 | Music of naohito

プロポーズ大作戦 #10

今回観終えて胸に残るのは 礼のお父さんの言葉と、結婚式場での多田さんと礼のシーン。

インタビュー撮影で礼のお父さんは

「どこかで無理をしてるんではないか、
どこか誰にもわからない所に 自分だけの悲しみを溜め込んでいるんではないか・・・。
そんな時、礼がこんなことを言ったんです。
多田さんは私の弱さを全て知ったうえで受け止めてくれる素晴らしい人だ・・・と。
もしかしたら多田さん、私はあなたに嫉妬していたのかもしれません。
23年間ずっと一緒に暮らしてきた私達に 終ぞ見せなかったっものを、
あなたには素直に見せていたんですからね。あの子がね・・・。
この全てにあるような気がします



これに繋がる結婚式場での多田さんと礼のやり取り。

【多田】 「あれ?もしかしてマリッジブルー?本当に僕でいいと思ってる?」

【礼】   「あの言葉があったから、今こうして立ってるんだな・・・って、しみじみおもう。
      あんなに泣いてたこととか、辛かったこと。
      今こうして思い出として話せる様になるんだから。」

【多田】 「これからのことが ずっと大切だと思うんだ。
      これまでの別々の過去より、これからずっと二人で過ごす時間を
      僕は ずっとずっと大切にしていきたいと思う。」

この多田さんの言葉は二度目のプロポーズに聞こえてしまった。
礼のお父さんの言葉どおり、礼の弱さ、そして健への想い、涙の理由をすべて知ったうえで、自分を受け入れてくれる、そんな多田さんに安らぎを感じたんだと思う。
↑の言葉を聞いたとき、礼の表情がすごく穏やかだったのにホッとしました。

FBI “BROTHER”でのT山プロデューサーのコメント(狙い)どおり、回を増すごとに多田さんの一言一言に惹かれてしまいます。
「この人となら・・・幸せになれそう。」
礼が多田さんのプロポーズを受け入れたのは、なかなか煮え切らない健へのあきらめではなく、素直にそう思えたからだと思いたいな。

いよいよ来週は最終回!
気になるのは例の指輪と、幼い頃の鉄棒の傷。
「一生面倒みます!」って、これもプロポーズになる?!
礼のお母さんの「女のカン」は、出来れば最後まで当たらないで欲しいな~(願!)

予告より
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-19 02:34

プロポーズ大作戦! 

先週までのあきらめモードから一転して、全力で礼にアタックしようとした健。
なのにいきなり多田先生から「礼にプロポーズしちゃいました♪」と告げられ、いつもならひるむところを、今回は最後まであきらめなかった。

礼を追いかけてついにアタックチャンス!
でもここでも出てくる言葉にやきもきさせられた。
つきあった期間とかまわりくどい一般論はやめて、どうして自分の言葉で「好き」っていわないのー!!
それで 「俺と結婚しろよ!」といわれても・・・。

「健はわかってないよ。」

やっと言ってくれた「言葉」。嬉しくないはずはない。
でも、多田さんからプロポーズを受けたその日に、いきなりそんなこと言われても!


健は健なりに、礼に気持ちを伝えようと頑張ってきたとは思うんです。

【2話】 学校の黒板に大事な人がすぐ隣の席にいたと書くも消されてしまい、礼には伝わらず。

【5話】 お好み焼きの夜、アパートの階段で礼にキス。
     「(ファーストキス)俺だけ覚えてないの不公平だから。」

【7話】 空き缶に水風船を投げる場面で礼だけにささやく。
     もし、これ一発で当たったら・・・俺と付き合うの決定な!」

頑張ってはいるんだけど、今までの態度から冗談にとられたりと今ひとつうまくいかない。
それに引き換え礼の方は健に対して、ちゃんと言葉で伝えてるんですよね。

【8話】 野球部のカラオケ大会の後で。
     「実はね、私 ケンゾーのこと好きだったんだ。
      全然素直になれなくて でも、気まずくなるのが怖くて、
      二十歳になるまでずっと どっちつかずの状態だった。
      でも変わりたい、変わらなきゃって思ったのの。
      多田先生と出会ってケンゾーに気持ちぶつけられなかったことって、
      逃げだったんだってわかった。」

健と礼は案外似たもの同志なのかもしれない。
けれど礼は真っ直ぐに自分を見つめてくれる多田さんに出会って、一歩前に踏み出す事が出来たのかな。

駆け引きとか計算とかなく、 好きだっていう気持ちをストレートに伝えてくれたことが嬉しかった。 あんな真正面からぶつかってきてくれる人、初めてだった

レストランで待つ多田さんの元へ向かう間も、礼はいろんなことを考えたと思う。
多田さんの想い。ケンゾーの想い。そして自分の気持ち。
そして結論として、指輪を受け取ることにしたんだよね。

"Don't Knock New York" の冠に置かれた指輪はとても悲しかったけど、私はこれでよかったんじゃにかと思う。
って、勝手にENDしちゃってはすごいブーイングがきそうですが(笑)
なんてったって多田さん派ですから~♪

予告での健の言葉がちょっとじんときた。
俺はこの期に及んで、礼に何をすればいいんだろう・・・。」
健が礼のために出来ること。それはひとつだけじゃないかな^^)

プロポーズ大作戦!多田版
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-13 00:04

#7 告白

終盤に近づいたプロポーズ大作戦。
花火をしているときの健の台詞にぐっときた。

運命とは どうしてこんなにも切なく出来ているのだろう
人が幸せになりたいと願うとき どうして誰かが悲しまなければならないんだろう

健はやさしいんだよね。
告白を阻止しようとするかたわら、多田先生にうしろめたさを感じてしまう。
そして王様ゲームで いきなり告白してしまった多田先生。
落ち込んだ健は妖精にもうタイムスリップはやめると言い出す。

健を応援するファンの方々にしてみれば、多田先生はあきらかに おじゃま虫よね~(汗)
でも多田先生擁護のNFファンとしては、先生はとても辛そうに見えた。
なんとなく思うんだけど・・・



(ここからはいつもの予想~♪)

続きを読む
[PR]
by chicchi88 | 2007-06-02 16:55